女性のインド旅、スピリチュアルな旅、瞑想、心理セラピー、海外ノマド。

ANA、JAL、ユナイテッド、デルタ:搭乗マイル、プレミア会員の事情

      2015/09/18

medium_4825342772 「地図の読めない女」にもわかりやすいマイレージ解説をめざし、先日アップしたANA、JAL、ユナイテッド、デルタのマイルについて表にまとめてみたと 特典マイルの使い勝手が良いのは?ANA、JAL、ユナイテッド、デルタ、陸マイルが一番貯めやすいのは?。 その4では「搭乗マイルの貯めやすさ」とそれにも関係する「プレミアム会員 への移行のしやすさ」、そして「マイルの購入・贈与」について考えてみます。 photo credit: psiaki via photopin cc 比較表ではこんな感じです。
 ANAJALユナイテッドデルタ
搭乗マイルの
貯めやすさ
△→2015改悪予定
「ニッポン500マイル
キャンペーン」は○
プレミアム会員
への移行のしやすさ
マイルの購入不可不可
マイルの贈与不可不可

スポンサーリンク

搭乗マイルが貯めやすいのは国際線:ユナイテッド。国内線:日系

搭乗マイルは、ブッキングクラス、搭乗した会社(提携会社の搭乗でもマイル加算可能)ごとに細かく決められていて、単純に比較が難しいのは難しいのですが…ざっくりまとめてみました!

国際線はユナイテッド・デルタの米国系の方がエコノミー積算率が高い

2014年時点では、ユナイテッド、デルタの方がエコノミークラスでも100%積算してくれる提携会社数が多いです。同じスターアライアンスのANAとユナイテッドは単純比較が可能ですが、エコノミークラスの場合はユナイテッドがお得と思ってほぼ間違いなしです。 よく使う航空会社のクラスを見ながら考えるのが良いでしょう。

ただしデルタは2015年に改悪の予定

デルタスカイマイルは2015年1月1日からマイルの積算率や積算方法を改正することが予定されています。提携航空会社の積算方法は未発表(2014年後半に発表予定、「距離+料金クラスのパーセンテージに基づく」そうです。)ですが、デルタ航空搭乗分では基本料金+サーチャージの金額に対して下記のマイル数を掛けた金額になります。 一般会員:1 米ドルにつき 5 マイル シルバー メダリオン:1 米ドルにつき 7 マイル ゴールド メダリオン:1 米ドルにつき 8 マイル プラチナ メダリオン:1 米ドルにつき 9 マイル つまり、航空券の価格で積算マイルが決定するわけです。 たとえばヨーロッパ往復1500ドル程度の格安エコノミーチケットの場合、一般会員で7500マイル、ゴールドメダリオンで12000マイルの積算となります。 通常ヨーロッパ路線だと積算率100%の場合往復12000~14000マイル、ゴールドメダリオンクラスの上級会員ならボーナスマイルが50%~付きます。 これは提携航空会社は含まれない、デルタ航空のみの措置ですが、提携航空会社でもシブいことになる可能性は十分あります。 →2014年6月にユナイテッド航空でも同様の改悪が発表になり、この懸念は現実になってしまいました。

日本国内線でマイルを貯める場合は日系が良い

早期割引などを利用する場合ANA:特割・旅割はマイル積算率75パーセント、 ANA便はユナイテッドのマイルとして加算することもできますが、特割・旅割だと70パーセントとなります。国際線ではアドバンテージのあった北米系も、日本国内線では不利となります。 しかも、ANA・JALはカードは入会後初回フライト、毎年継続後初回フライトで2000マイル~のボーナスマイルを付与があり、さらに毎回搭乗時にボーナスマイルも付きます。仕事や帰省などで定期的に国内線を利用する人は日系のマイルが良いでしょう!

デルタ:2015年3月末まで「ニッポン500マイルキャンペーン」を実施中

これは、半券のコピーと申請書を窓口に送れば片道フライトにつき 500 マイルのボーナスとなるというキャンペーン。LCCも対象となっているので、うまく使えばお得かも。 期間中、一般会員は、一人様最大 10 フライト分(合計 5,000 ボーナスマイル)まで、メダリオン会員は、お一人様最大 40 フライト分(合計 20,000 ボーナスマイル)まで獲得できるとのこと。

プレミアム会員になりやすいのはデルタ

プレミアム会員、、なんともセレブな感じの響きですね。一度なってしまえば、マイルもヒラ会員よりもざくざく貯まり、ラウンジも使えるし、優先搭乗の対象になるし、、、マイラーなら目指したい境地です。 さて、このプレミアム会員になりやすいのは、1にデルタ、2にユナイテッドです。

クレジットカード加入でプレミアム会員になれる

通常上級会員になるには、提携会社ではなくその会社でかなりのフライトが必要ですが、デルタはクレジットカード加入だけで上級会員になれます。 ユナイテッド航空は、2014年5月30日まで、そのデルタのステータスに90日間合わせてくれる「ステータスマッチ」を行っています。(※90日間以降もステータスを維持したければ、プレミア資格対象か、マイルプレミア資格対象区間を所定数獲得する必要があります。)

ユナイテッドとデルタはマイルの購入や贈与が可能

ユナイテッドとデルタは、バイマイル=マイル購入が可能で、ギフトとしてプレゼントすることもできます。ユナイテッドの場合は、年に何度かセールがあり、20パーセント〜40パーセントオフでマイル購入できることも。ただし、年間に購入できるマイル数には限りがあります。 購入マイルだけで旅行するのはあまりコストパフォーマンスが良くないですが、マイルが後少したりない!というときにはとても助かるシステムだと思います。

記事のindexはこちら>>

「ざっくり」の予定が4回に分かれてしまいました!次回でまとめに入りたいと思います。 ANA、JAL、ユナイテッド、デルタのマイレージプログラムをざっくり比較してみる その1 その2 その3

 おすすめ情報

【タダで海外旅行】ANAマイルを搭乗なしで月18,000マイル貯める裏技

その方法とは、ポイントサイト(お小遣いサイト)を使う …

【無料・キャッシュバック付】お得に人気コスメを試す方法

割引、無料、もしくはキャッシュバック付きで人気コスメを …

 - トラベルハック, マイレージ