女性のインド旅、スピリチュアルな旅、瞑想、心理セラピー、海外ノマド。

海外でも使える!「simフリー」スマホのおすすめの続報。日本で手軽に買える機種について

      2015/07/22

先日アップしたエントリ、「simフリー端末のおすすめと、月額基本料金1000円以下でスマホを使うためのコツ4つ。」でsimフリーのスマホや格安運用方法について書いたのですが、国内外から色々と反響がありました^^  いよいよ総務省がsimロック解除義務化の方針を発表しましたね。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1408/11/news046.html
ITmedia Mobile:SIMロック解除義務化 ユーザーのメリット・デメリット これからdocomo、AU、softbankの3大キャリアがどう動くかはともかくとして、simロックのかかっていないスマホが日本でも入手しやすくなることは歓迎したいと思います。 このお盆休み期間中、アジア系観光客でごった返すヨドバシカメラに行ってみたところ、simフリースマホコーナーができており、結構色んな機種が置いてありました! ほんの1、2年前にはなかった光景です。MVNO各社の営業努力の結果なのでしょうか。 freetel(フリーテル)FT142D LTEXMについては、別のエントリで詳しくまとめましたので、ご参照ください。

スポンサーリンク

ヨドバシカメラで売っているsimフリー端末たち

simフリー端末のおすすめ」で取り上げたスマホ以外にも、いくつか気になる端末がありました。

ポラロイド POLAROID SmartPhone LINEAGE(リネージュ) V10B

「ポラロイドカメラ」のポラロイド社のスマホです。デジカメの普及による苦労の影が忍ばれる異業種進出っぷりです。 楽天でんわとSMARTALKがプリインスト―ルされており、デュアルsim、ということでがっつり節約したい人にどうぞ!という心意気が伝わってきます。 モックを触ってきたのですが、iphone5、5Sが112gなので、それに比べるとやや重いかなという印象を受けました。見た目は薄くて華奢な感じもするのですが・・・
http://s-max.jp/archives/1624143.html
エスマックス:今度はシックなオトナ向け!ポラロイドブランドのSIMフリースマホ「LINEAGE」を写真でチェック――秋にLTE対応新機種を投入へ【レポート】 ポラロイド社はすでに「Polasma」というキッズ向けスマホを4月に発売しており、これが初めての大人向け商品のようです。 価格はけっこう高いですね。。 simフリー端末のおすすめの続報。 ネットワークは3Gのみになるようです。ポラロイド社では、秋にLTE対応機種を発売する予定にしているそうです。

Huawei ファーウェイ Ascend G6 L22

Huaweiは聞きなれない会社ですが、Docomoの「Ascend D2 HW-03E」やイーモバイルの「STREAM X GL07S」、SoftBankの「STREAM 201HW」などを製造しているメーカーですので、これらの機種を使っていた人は楽に移行できてしまうかもしれません。

スターキューQ5001

http://blog.sumakoto.com/entry/2014/06/11/221451
スマコト TJC StarQ Q5001仕様解説 によると・・・
データ専用SIMでアンテナピクトが立たないようです。そんなレベルではセルスタンバイ問題も未対策なのでしょう。現時点でのファームウェアは、ショップの並行輸入品レベル(日本語に切り替わってるだけ)と思われるので、購入はしばらく状況を見てからが良さそうです。
ということなので、ちょっと注意が必要かもしれません。

Freetel Nico(9月発売)

simフリー端末のおすすめの続報。 日本の会社 freetel(フリーテル)から、FT132A、Piori、FT142D LTEXM(8月末発売予定)に続き、9月に「Nico」が発売になるようです。 FT132A、Pioriがおもちゃのように小さくて軽い機種だったのに対し、しっかりしたスマホらしいスマホのFT142D LTEXMが発売されるわけですが、Nicoはその中間くらいの位置づけになりそうです。

ヨドバシカメラでは、日本通信SIMとのお買い上げで割引が

simフリー端末のおすすめの続報。 ヨドバシでは、MVNOの日本通信とコラボでSIMカードを販売しています。この「スマホ電話SIM フリーData」との抱き合わせで数千円の割引になります。 解約金が発生する点には注意が必要ですね。

注意したいこと:Huawei社のバックドア問題

Huawei社については、バックドア(使用者の情報を抜き取ったりするような仕組み)が仕込まれているという指摘があります。
http://wired.jp/2012/10/09/chinese-telecoms-suspicious/
WIRED.jp「中国通信大手の機器は危険」米下院委 というわけで、中国系の会社のスマホはパスかな~と思っています。もちろん、iPhoneにもバックドア疑惑はありますが・・・。

技適が通っている「XPERIA Z2 D6503」海外版

simフリー端末のおすすめ」で「技適マークのついていない海外版スマホは日本で使うと違法になるかも」ということを書きましたが、SONYのXperiaの上位機種「Z2 D6503」は、日本版のみならず海外版も「技適マーク」が付くことになっているそうです^^
http://smhn.info/201404-xperia-z2-and-z2-tablet
すまほん!:XPERIA Z2 & Z2 Tabletの「国際版」、日本の技適認証を通過 2014年8月19日現在、実勢価格は6万円~と少々お高いですが、iPhone、Nexusのような「松コース」スマホをご所望の方は是非。経営面で厳しい局面が続くSONYを応援してあげましょう!!

simフリー端末のおすすめ!

結論としては、バックドア疑惑の中華系のスマホはなし…と考えると、今回ご紹介した中では、FreetelかPoraroid、そしてXPERIA Z2 D6503がおすすめ!ということになりそうです。

テザリング+iPhoneなら軽い機種がいいかも

私は、実はしばらくテザリングでiPhoneを使うことになりそうです。 正確には、テザリングをしなくなってもしばらくiPhoneは手放せないと思います。それは有料アプリ(特に語学関係)を結構買ってしまっているためです…。 これらのアプリに十分満足するか、あきらめてAndoroidで購入しなおす決意が固まるまではiPhoneかなぁ。 iOS7がちょっとがっかりだったため、iPhone熱は冷めつつあるんですけどねぇ。 そんなわけで、実はFreetelのpioriかFT132Aが気に入っています。 モックをさわることができ、ホントに軽くておもちゃのようだけど、悪くない気がしたもので。 とはいえ、まだ発売すぐで評価が固まっていないという感じもするので、もう少し様子見かな。

 おすすめ情報

【タダで海外旅行】ANAマイルを搭乗なしで月18,000マイル貯める裏技

その方法とは、ポイントサイト(お小遣いサイト)を使う …

【無料・キャッシュバック付】お得に人気コスメを試す方法

割引、無料、もしくはキャッシュバック付きで人気コスメを …

 - ライフハック