女性のインド旅、スピリチュアルな旅、瞑想、心理セラピー、海外ノマド。

MVNO(格安SIM)の比較・おすすめ | 格安スマホの仕組みを徹底解説

      2016/07/15

MVNO(格安SIM)の比較・おすすめ | 格安スマホの仕組みを徹底解説

SIM

MVNO、または格安SIM、格安スマホという言葉を聞いたことがありますか?
MVNOというのは、日本の3大キャリアである、Docomo、Au、ソフトバンク以外でスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのデータ通信契約をしてくれる会社のことです。 通常、3大キャリアよりもかなり安い値段で通信契約ができるため、「格安SIM」や「格安スマホ」などの言葉で表されることもあります。

日本でも随分普及してきたMVNO(格安SIM)の仕組みについてまとめてみました。

このページの目次

スポンサーリンク

MVNO(格安SIM)と比較!普通のキャリア(AU・ソフトバンク・ドコモ)との違い

3大キャリア=AU ソフトバンク ドコモのスマホの一般的な契約

  • スマホ本体 代金(一括払いも可能、月賦の人が多い)
  • 通話・SMS契約 データ通信契約(一定期間(2年の場合が多い)の契約を条件に割引がある)(契約したスマホの機種により規定月数・規定額割引がある)

この2つが常にセットになっています。

キャリアでしか契約したことがない方は、スマホを買うこと=通話・通信契約という理解になっていると思います。 まずは、この2つは実は切り離せるということをまず理解してください。

この2つを切り離す方法ですが、実は「物理的」に切り離すことができます。

スマホの中には、「SIMカード」というICチップが入っています。 その中に通話・SMS・データ通信・その他の契約データが入っています。

切り離したスマホ本体に、そのスマホで使用可能な別のSIMカードを指すと、別の契約形態でスマホを使うことができる…という仕組みになっています。

SIMカードスロット

取り出し口はこんな感じです。※取り出し方や、SIMスロットの場所はスマホによって異なります。
ただし、「SIMカードを取り出す」という行為では、取り出したSIMに入っている契約が取り消されたり、途切れるということはありません。 また改めて同じSIMカードをスマホに差せば、元どおりの契約でスマホを使うことができます。

MVNO(格安SIM)の会社はデータ通信契約を主に販売している

3大キャリアに対し、MVNO は

  • データ通信契約
  • SMS契約
  • 通話契約
  • スマホ本体の月賦

をそれぞれ別々に販売しています。

データ通信、SMS、通話の契約については、「SIMカード」を販売をしています。 値段は基本的に3大キャリアに比べて格安です。

SIMカードの入っていないスマホに、MVNOと契約した、その機種に対応するSIMカードを挿入し、設定を終えると、契約に応じたデータ通信が可能となります。

MVNO(格安SIM)の価格が安い理由

MVNO(格安SIM)のデータ通信価格は、通常3大キャリアよりも格安になっています。 その理由とは何なのでしょうか?

MVNO(格安SIM)は、回線を卸売してもらっている

MVNO(格安SIM)は、3大キャリアに回線を卸売してもらっています。それを安い価格で転売しているのです。

3大キャリアは、お金をかけて基地局を整備してスマホの通信回線を確保しています。
しかし、整備した回線すべてを、自社販売できるわけではなく、回線のうち売れていない部分があります。

自社ですべてを売るのは難しいと判断したら、回線の一部をMVNO(格安SIM)会社に販売します。

MVNO(格安SIM)会社に回線を卸売する3大キャリアも、自社で回線を全て売ろうとするより、一部をまとめて販売してしまったほうが、契約が埋まっていない回線が無駄にならないという利点があるため、この「卸売」が成立しているのです

それに対し、MVNO(格安SIM)会社は既存の回線を買い取っているため、基地局の整備などのコストがかからないので、利用者にその分安く回線を提供できるのです。

MVNO(格安SIM)は3大キャリアよりも広告費などの経費を抑えている

3大キャリアは、自社で基地局を整備していますが、さらに自社の販売店を全国に置いています。回線の確保だけでなく、販売にもかなりのコストがかかっているのです。

それに対し、MVNO(格安SIM)は、多くの場合インターネットを中心に販売を行ったり、すでに自社が持っている販売チャネルを利用して販売を行ったりしています。

広告費・人件費などの経費をなるべく抑えて、低コストで契約を販売しているため、3大キャリアより格安でサービスを提供することができるのです。

MVNO(格安SIM)でデメリットだと思われがちな点

よくデメリットだと思われがちな点

  • 3大キャリアのように街ごとにショップがあってサポートしてくれない
  • 3大キャリアよりエリアが狭い?
  • 3大キャリアより回線が遅い?
  • 電話番号を変えたくない
  • iPhoneの最新版がない
  • 高価なSIMフリーのスマホを用意するのは大変
  • たくさんの会社がありすぎる

以上、MVNO(格安SIM)についてデメリットだと思われがちな点を挙げてみました。

これら1つ1つについて、解説してみなさんの不安を解消してみたいと思います。

MVNO(格安SIM)は、3大キャリアのように街ごとにショップがない?

街ごとのショップはありませんが、家電量販店で販売しているMVNO(格安SIM)サービスは、店頭での受付やサポートなどがあります。一部有料ですが、かなり頼もしいと思います。家電量販店のSIMでも、店頭ではなく、通信販売で購入し、契約することも可能です。有名なのはヤマダ電機とビックカメラのSIMです。

MVNO(格安SIM)は、3大キャリアよりエリアが狭い?

回線を卸売しているキャリアのエリアがそのまま使えます。たとえば、ドコモの回線を使ったMVNOであれば、ドコモのエリアが使えます。なので、MVNOだからといって、エリアの面で3大キャリアに劣るといったことはありません。

MVNO(格安SIM)は、3大キャリアより回線が遅い?

MVNOは、キャリアから通信量に応じて回線を買い取ります。

たとえば、「1秒に100MBの通信ができる回線」をキャリアからMVNO(格安SIM)会社に卸売してもらったとします。

その回線を、10人に売ると、1人あたり10MB/秒 という速度で通信できる、ということになります。

100人に売れば、1人あたり、1MB/秒 の速度で通信できます。

小売のMVNO(格安SIM)会社は、販売する人数を増やすか、1人あたりの価格を上げることで利益を上げられます。
でも、あまりたくさんの人に売ってしまい、回線が遅くなると評判が悪くなります。

この、「買って来た回線を何人にいくらで売るか」で、ある程度回線速度をコントロールしているのです。

もちろん、通信速度は、回線の通信量だけでなく、電波状態やスマホの性能などのさまざまな要因で変わります。しかし、ある程度は表示速度を目安にすることができます。

あまり動画などを見ない、通信量が少ない人は、通信速度が遅くて安いプランを選ぶことができますし、高速通信が良いという人はそのようなプランを選べます。

そもそも、3大キャリアの場合は通信速度について選択肢がないので、その点はMVNO(格安SIM)会社の方が優れていると考えることもできます。

ただし、安価な「データ使い放題」プランでは、時間帯により非常に速度が遅くなることがあり、注意が必要です。

MVNO(格安SIM)にしたら電話番号を変えなくてはならない?

ご存知ない方もおられるかもしれませんが、3大キャリアからMVNO(格安SIM)会社に、普通にMNP(携帯番号転出)できます。

MVNO(格安SIM)にはたくさんの会社がありすぎて選べない

MVNO(格安SIM)にはたくさんの会社があります。ですが、自分のニーズさえはっきりしていれば、選ぶのはそんなに難しくありません。この後解説していきます。

MVNO(格安SIM)ではiPhoneの最新版が買えない

MVNO(格安SIM)会社では「iPhoneの最新版がない」というようなことを思う方がいらっしゃると思います。

スマホ本体の販売に力を入れず、データ通信・SMS・通話を切り離しているのがMVNO(格安SIM)会社なので、3大キャリアのように熱心にiPhoneを売り出すことはありません。

しかし、iPhoneの最新版はApple Storeや、その他のショップで買えます。また、あまり知られていませんが、Apple Storeでは月賦の契約もできます。Apple社からのサポートも受けられますし、補償制度にも加入できます。

また、もし手元に3大キャリアのiPhoneをお持ちであれば、それをSIMロック解除してMVNO(格安SIM)にMNP転出することもできます。(ただし、購入してすぐにMNP転出すると、高額な解約金を課せられることがあります)。

高価なSIMフリーのスマホを用意するのは大変

実は日本の3大キャリアで販売しているスマホは、通常他社のSIMカードを挿しても使えるものではありません。 ドコモならドコモ、AUならAU、ソフトバンクならソフトバンクのスマホにしか使えないように「SIMロック」がかかっています。

それに対し、海外で販売しているスマホで、もともとこのSIMロックがかかっていないスマホもあります。 こうしたスマホを「SIMフリー」のスマホと呼びます。

しかし、こうした「SIMフリー」のスマホ本体はかなり高価です。また、いわゆる3大キャリアが行っている月賦販売やキャッシュバック割引もないので、割高になる…という印象を持っている方が多いと思います。

しかし、2015年5月から、このロックを解除できるようにすることが3大キャリアに義務付けられました。一定の条件を満たし、また手数料を支払えば、キャリアショップでSIMロックを解除してくれます。 auに関しては、auのSIMカードを差し替えても利用できない端末がある(キャリア内ロック)がありますが、これもキャリアショップで解除してもらえるようです。

また、ドコモ・AUのスマホをすでに持っている方は、ドコモ/AUの回線から卸売を受けたMVNO(格安スマホ)会社を選べば、SIMロックを解除しないままで、格安SIMの恩恵を受けることができます。

ですから、あなたの家に転がっているスマホや、現在お使いのスマホをそのまま、格安スマホに変えることが可能かもしれないのです。

MVNO(格安SIM)に変える前に確認しておきたいこと

さて、いざ格安SIMに乗り換えたい!という時、事前に確認が必要なことはどんなことがあるのでしょうか?

MVNO(格安SIM)が使いたいスマホに対応しているかを確認しよう

MVNO(格安SIM)の会社のHPには、必ず動作確認済みの機種リストがあります。 必ず確認しましょう。HPに機種名が見当たらない場合は、「機種名」と「MVNOの会社名」で検索エンジンで検索すれば、少なくとも口コミは確認できます。

使いたいスマホのSIMカードのサイズを確認しよう

SIMカードには、サイズがあります。

Simsize

Freetel 公式ブログより。
自分の機種に対応するサイズを確認しておき、そのサイズのカードで契約するようにしましょう。

スマホでMVNO(格安SIM)を使う場合は、SMSありか通話ありのプランが無難

スマホ用に MVNO(格安SIM)を新たに契約する場合は、SMSか通話ありのプランにする方が無難です。 その理由は下記の問題があるためです。

セルスタンバイ問題

SMSなし・データ通信のみのプランが一番安価なので、このプランを選びたい、と思われる方がおられると思います。 しかし、スマホは常に電話回線に接続しようと、電波を探すように機能しています。 そのため、電話回線の契約が全く存在しないデータ通信専用のSIMをスマホに使うと、常に電話回線を探し続けるため、バッテリーの持ちが非常に悪くなる…ということになります。これを一般に「セルスタンバイ問題」と言います。 これは、主にAndoroid OSのスマホで発生すると言われています。

SMS認証を使うアプリ・WEBサービスがある

最近はSMSで認証を行うアプリやWEBサービスが数多くあります。LINEやfacebookなどのメジャーなアプリでもSMS認証を行います。格安SIMを使用する場合も、できるだけ、SMSや通話は維持した方がよさそうです。

※通話機能のないモバイルルーターを使用する場合は、SMS機能・通話機能のないもので大丈夫です。

3大キャリアからMVNO(格安SIM)にMNPするときは、違約金に注意

2年縛り

3大キャリアからMVNO(格安SIM)にMNPしたい、という場合、2年継続する契約をしている場合は、途中で解約すると違約金が9900円程度かかってきます。違約金のかからないタイミングがありますので、キャリアのWEBサイトから調べる・電話/キャリアショップで問い合わせるなどしてご自身の契約内容を確認しておきましょう。
なお、iPhone、Xperiaなどの最新・人気機種では、契約から半年以内に解約すると、2年縛りの違約金の他にさらに”短気契約解除料”という高額の違反金を取られるケースがあります。特にMNPで格安で携帯を購入した場合にこうした違反金が課せられているようです。

MVNO(格安SIM)の一番のハードルはAPN設定、これさえうまく終わればあとは問題無し

MVNO(格安SIM)を契約したら、まず一番のハードルは「APN設定」(アクセスポイント設定)です。
SIMを刺しただけでは使えません。

MVNO(格安SIM)各社とも、ここがネックということはわかっているので、WEBサイトに詳細に説明があったり、初期設定サービスがあったり、コールセンターで相談に応じてくれたりします。
Andoroidの場合は手入力、iOSの場合は設定ファイルをダウンロードして設定すれば完了です。

APN設定後もうまく電波を掴まない場合は、機内モードのON/OFFを繰り返すと電波を掴んでくれることがあります。 また、Andoroidの場合、SIMをいったん抜いて別のSIMを挿入すると、APNが消えてしまうことがあります。 スクリーンショットなどで設定内容を記録しておきましょう。

MVNO(格安SIM)、私が本当にデメリットだと思うこと

アプリ「LINE」の年齢認証問題

日本人の国民的アプリ「LINE」ですが、実はAU、ソフトバンク、Docomoのキャリアの契約情報を利用して、年齢確認をしています。この年齢確認で18歳以上であることが確認されていないと、LINE IDの検索機能という機能が使用できないのです。新しい友達のLINEアカウントを追加してつながりたいときは、QRコードやメールでの交換になります。少し面倒ですよね。

docomo.ne.jpなどのキャリアメールアドレスが使用できない

実は日本にはまだ3大キャリアのメールアドレスがないと使えなかったり不便だったりするWEBサービスが数多くあります。フリーのメールアドレスだと、いまいち信頼度が高くないとみなされるようで、ネット銀行の認証機能などで、キャリアメールがないと不便だったりします。

MVNO(格安SIM)のおすすめ、選び方

今日本でメジャーなMVNO(格安SIM)30社を比較してみました! 規定の価格の面だけで言えば、DMM、イオンモバイル、DTIのどれか、ということになりそうなのですが、各社ともに特色のあるプランや、他のサービスと合わせた割引、さらには広告の利用でSIM代金を割引するプログラムまであります。自分に合った格安SIMを選択されることをおすすめします。

データ量はスマホ本体、または今のキャリアのHPで把握する

MVNO(格安スマホ)のWEBサイトには、よく「メール◯通・動画◯分で◯GBが目安」といった表示がありますが、それを鵜呑みにするとデータ量が全然足りないことがあります。 スマホはアプリを動作させている時以外にもバックグラウンドで色々なデータ通信をしている場合があるため、あなたが自覚している以上にデータ通信をしていることがあるからです。 今使っているキャリアの請求内容、およびスマホ本体から月々のデータ通信量を把握しておくのが一番です。

スマホからデータ通信量を確認するには、メニュー画面から、下記の順番でタップします。

  • iphone 設定>モバイルデータ通信>モバイルデータ通信の使用状況
  • Andoroid 設定>データ通信量

キャリアのHPなどから確認する方法については、下記のWEBサイトを参考にしてください。

このようにして確認したデータ通信量を参考にSIMの契約データ量を選択すると良いでしょう。また、在宅の際には家のWifiで接続したりすることで、いくらかデータ通信量は節約できるはずです。また、最初はデータ通信量が少ないプランで契約し、後でプランを見直すようにすることもできます。

AUのスマホを使いたい場合のMVNO(格安SIM)の選択肢は少ない

UQ Mobileまたはmineoの2社のみが選択肢となります。

データ量が日割り(常にデータに余裕を持って使える)MVNO(格安SIM)

MVNO(格安SIM)は、規定のデータ量を使い切ると通信速度が200Kbps程度に下がります。あまり快適に使える速度ではないですね。
ところが、この規定のデータ量を日割にしている会社もあります。1日分の分量を超過するとデータ制限がかかりますが、その日が終われば、元の速度に戻ります。寝る前までデータ制限がかからなければ良い、と考えればお得かもしれません。

  • OCN モバイル ONE 1日110MBプラン/170MBプラン 下り速度最大262.5Mbps ★一番お得
  • ASAHIネット 1日110MBプラン 下り速度最大262.5Mbps
  • ぷらら 1日100MBプラン 下り速度最大150Mbps

使わない月の維持費を抑えたい人向きのMVNO(格安SIM)

海外出張の多い人など、月々のデータ通信量がまちまち、という人や、常にデータをにおすすめなのが、その月のデータ使用量に応じて支払い額が段階的に変わるプランがあるMVNO(格安スマホ)の会社です。

  • FREETEL 使った分だけ安心プラン★一番お得
  • b-mobileおかわりSIM
  • ぷらら 2段階定額(※下り最大150Mbps)
  • So-net 0SIM 500MBまで0円、以後100MBごとに100円

FREETELは各種通販サイトからも購入できます。

”通話し放題”を希望する場合、選択肢が少ない

キャリアでは”通話し放題”のプランが人気です。IP電話アプリでかなり安価に電話がかけられるようになりましたが、より途切れたりしにくく番号通知もできる電話回線を使いたいという方も多いと思います。
そうした場合はMVNO(格安SIM)では下記の会社で電話回線を利用した「かけ放題」オプションが付けられます。※この項のオプション料金はすべて税抜きで表示しています。

  • DTI「でんわかけ放題」オプション 5分間無料 月額料金780円
  • 楽天モバイル 「5分かけ放題オプション」月額料金850円
  • FREETEL「FREETELでんわ」月額料金「1分間かけ放題」399円、「5分間かけ放題」840円
  • Y!Mobile 10分以内の国内通話料0円(月に300回まで)「スーパーだれとでも定額」オプション(月額料金1,000円)で通話時間・通話回数無制限

かけ放題ではありませんが、DMM mobileでは、通話料が30秒10円(多くのMVNOでは30秒20円)となる「DMMトーク」という機能を提供しています。
IP電話だとNifmoの「NifMoでんわ」もあります。「国内かけ放題プラン」月額料金1,300円「国内+海外かけ放題プラン」月額料金2,700円となります。

データシェアできる会社

1つの契約につき、複数のSIMカードを発行してもらい、データをシェアできる会社は下記の通りです。 手数料などがかかる場合があります。スマホとタブレットの契約を一緒にするなどの使い方があります。2つ契約するよりも手数料、通信量ともにお得になる場合があります。

光回線とのセット割引

MVNO(格安SIM)の会社で光回線の契約も販売しているプロバイダがあり、両方を契約すると割引があるケースがあります。 割引率が良いのはIIJmioの600円で、後の会社は200円〜400円程度の横並びです。以前から使っている光回線の会社と同じ会社のSIMを契約するのはメリットがあると言えますが、わざわざセットで新規契約する意味がありそうなのはIIJmioくらいだと思います。

データ使い放題

いくつかのMVNO(格安SIM)の会社では、データ通信量の使い放題プランを提供しています。ただし、通信速度が低めに抑えられている、あるいはベストエフォートとして表示されている速度よりかなり遅い速度しか出ない会社も多いので注意が必要です。

  • DTI ネット使い放題 (下り最大225Mbps)
  • ぷらら 定額無制限プラン(下り最大3Mbps)
  • パナソニック Wonderlink LTE F シ リーズ 1GB/7GBの容量分は下り最大225Mbps、超過後:700kbps
  • UQ Mobile データ無制限プラン(下り最大500Kbps)
  • ワイヤレスゲート Fonプレムアムプラン (下り最大3Mbps)
  • So-net データフル (下り最大225Mbps) 1年契約
  • 日本通信 高速定額 (下り最大225Mbps)

切り替え方式

MVNO(格安SIM)の会社によっては、スマホを使用していない際や、メールなどの通信量の少ない通信をする際に低速度モードに切り替えることでデータ使用量を節約できます。アプリやWEBサイトから切り替えます。

MVNO(格安SIM)ならではのお得なプラン

単なる価格の比較にとどまらない、MVNO(格安SIM)ならではのお得さ、というものもあります。

「Nifmo」は広告を見たりすることで割引があり、料金が無料になることも

Nifmoでは、”Nifmoバリュープログラム” というアプリによるサービスプログラムを提供しています。Yahooショッピングなどのショッピングサイトの利用時にアプリを経由したり、アプリをDLしたり、食事のモニターアンケートに回答すると、通話料から割引を受けられる仕組みです。

楽天モバイルは契約中楽天ポイントがお得

楽天モバイルでは、契約中楽天市場での買い物時に獲得する楽天ポイントが常に1倍分増えるようになります。

データ量別MVNO(格安SIM)価格ランキング

月々のデータ量で契約するプランは、下記のようなランキングになっています。「xxx Mbps」の数字は、下り最大スピード、金額は税込価格です。

1GB〜 データのみ

  1. DMM mobile 518円 300Mbps
  2. イオンモバイル 518円 300Mbps
  3. NifMo (1.1GB) 691円 262.5Mbps
  4. DTI  648円 225Mbps

Nifmoの1.1GBプランは、通常のNifmoサイトからは申し込みできませんが、こちらのバナーから申し込み可能です!

1GB〜 データ+SMS

  1. イオンモバイル 669円 300Mbps
  2. DMM mobile 680円 300Mbps
  3. NifMo (1.1GB) 853円 262.5Mbps
  4. DTI  810円 225Mbps

1GB〜 音声付き

  1. DTI  1296円 225Mbps
  2. NifMo (1.1GB) 1447円 262.5Mbps
  3. DMM mobile 1360円 300Mbps
  4. イオンモバイル 1382円 300Mbps

2GB データ

  1. DMM mobile 831円 300Mbps
  2. hi-ho 832円 225Mbps
  3. イオンモバイル 842円 300Mbps

2GB データ+SMS

  1. hi-ho 984円 225Mbps
  2. イオンモバイル 993円 300Mbps
  3. DMM mobile 993円 300Mbps

2GB 音声付き

  1. イオンモバイル 1490円 300Mbps
  2. DMM mobile 1490円 300Mbps
  3. hi-ho 1588円 225Mbps

3GB〜 データ

  1. ヤマダ電機(So-net)4GB 950円 300Mbps
  2. DTI  907円 225Mbps
  3. DMM mobile 918円 300Mbps
  4. モバイル4G/D(TNC) 950円 225Mbps

3GB〜 データ+SMS

  1. ヤマダ電機(So-net)4GB 1101円 300Mbps
  2. mineo(AU) 972円 275Mbps
  3. UQ Mobile 1058円 150Mbps
  4. DTI  1069円 225Mbps

3GB 音声付き

  1. DTI  1609円 225Mbps
  2. DMM mobile 1620円
  3. mineo(AU) 1630円

5GB データ

  1. DMM mobile 1306円 300Mbps
  2. DTI  1318円 225Mbps
  3. モバイル4G/D(TNC) 1555円 225Mbps

5GB データ+SMS

  1. DMM mobile 1468円 300Mbps
  2. DTI  1480円 225Mbps

5GB 音声付き

  1. DMM mobile 2062円 300Mbps
  2. DTI 2074円 225Mbps
  3. U-Mobile 2138円 225Mbps

7GB データ

  1. DMM mobile 2008円 300Mbps
  2. パナソニック Wonderlink 2020円 225Mbps
  3. ぷらら 2036円 150Mbps

7GB データ+SMS

  1. DMM mobile 2170円 300Mbps
  2. ぷらら 2198円 150Mbps
  3. ASAHIネット 2267円 300Mbps

7GB 音声付き

  1. DMM mobile 2764円 300Mbps
  2. ぷらら 2792円 150Mbps
  3. ASAHIネット 2894円 262.5Mbps

10GB データ

  1. DMM mobile 2365円 300Mbps
  2. 楽天モバイル  2440円 225Mbps
  3. OCN モバイル ONE 2484円 262.5Mbps

10GB データ+SMS

  1. DMM mobile2527円 300Mbps
  2. 楽天モバイル 2569円 225Mbps
  3. OCN モバイル ONE 2613円 262.5Mbps

10GB 音声付き

  1. DMM mobile 3121円 300Mbps
  2. 楽天モバイル 3196円 225Mbps
  3. OCN モバイル ONE 3216円 262.5Mbps

 おすすめ情報

【タダで海外旅行】ANAマイルを搭乗なしで月18,000マイル貯める裏技

その方法とは、ポイントサイト(お小遣いサイト)を使う …

【無料・キャッシュバック付】お得に人気コスメを試す方法

割引、無料、もしくはキャッシュバック付きで人気コスメを …

 - ライフハック