女性のインド旅、スピリチュアルな旅、瞑想、心理セラピー、海外ノマド。

日本で買える格安海外SIM、レンタルWifiが安くて楽という結論

   

日本で買える海外SIMとレンタルWifiで十分!?

Tim rome termini

こんにちは、Shantiです。年中海外をぶらぶらしている私。海外でのモバイル通信はどうしているのかというと、もうね、日本で買える格安海外SIMか、レンタルWifiが最強という結論に達しました…。

旅先にはいつもSIMフリー携帯を持っていくので、昨年は面白半分で、海外に行くたびに現地でSIM買ってたんですが、色々面倒!!!

そのため、最近はもう、なるべく現地でSIM調達しないで、そのぶん現地での行動を充実させる方向性に落ち着いています。

写真はすんごい待たされたローマのTIMという携帯ショップ。テルミニ駅の2Fにあります。

1ヶ月以内の短期滞在の場合は、日本で買える海外SIMとレンタルWifiで十分な場合も多いです。日本でモバイル通信を楽に準備しておいて、旅行をもっと充実させましょう!

長い記事なので、まとめから読むのもありです!

スポンサーリンク

海外現地SIMを買うメリットとデメリット

簡単にメリットとデメリットをあげてみます。

海外現地SIMを買うメリット

  • 長期滞在には、やはり現地のSIMがベストレートの場合が多い。

海外現地SIMを買うデメリット

  • 1ヶ月以内の短期滞在の場合、現地SIMが安いとは限らない
  • 現地で最も通信が必要なのは到着した瞬間である
  • 現地SIMは情報収集が命だが、パッキングしつつ調べるのは結構面倒
  • 発行の手続きが面倒な国、即日SIM発行できない場合もある。

長期滞在には、やはり現地のSIMがベストレートの場合が多い。

国、期間によりますが、長期滞在の場合は現地での契約を見込んだ方が良さそうです。私の経験では、インドは現地契約(プリペイド)が安いです。

1ヶ月以内の短期滞在の場合、現地SIMがベストとは限らない

昨年イタリア、ポルトガルなどでSIMを4回買ってみました。 私が買ったイタリアとポルトガルのSIMはこんな感じ。

ポルトガル 2016年9月@リスボン空港「Vodafone」の場合

  • LTE回線3GB、SMS・電話付き、30日間で17.49ユーロ

portugal_vodafone_sim

イタリア 2016年10月@ローマ、テルミニ「TIM」の場合

  • LTE回線2GB、30日間、18ユーロ

Italy tim sim

レートにもよりますが、日本円で2000円強。

現地で最も通信が必要なのは到着した瞬間である

私個人として、日本でSIMなどの通信手段を手配することにした一番の理由はこれ。友達やタクシードライバーに会うとか、現地で最も通信が必要なのは到着した瞬間なので…。

空港にはツーリスト向けのWifiがあります。しかし、速度が出なかったり、日本のSIMでのSMS認証がうまく機能せず、全くwifiが使えなかったこともしばしばあります。

現地SIMは情報収集が命だが、パッキングしつつ調べるのは結構面倒

現地調達の場合はいつ・どこでSIMを買うのが良いか、情報収集が必要になります。空港でSIMを買える国、買えない国、空港のSIMがお得な国、そうでもない国があります。

日本は旅行者が多く、日々活発に情報交換されています。ですから、日本語で検索するだけでも、SIMの調達についてはある程度把握できます。

でも、これに結構時間を取られたりします。休暇・旅行前の貴重な時間がもったいないと思いませんか?

発行の手続きが面倒な国、即日SIM発行できない場合も。

インドはデリー空港で即日SIMが買えますが、それ以外では大体即日は無理だったり、手続きにいろんな書類が必要だったりします。

私の経験ですが、イタリアのローマでは受付のお姉さんがひどく手こずって、待ち時間も含めて2時間くらいかかりました。

さすがは悠久の国インド&永遠の都ローマですが、イラチの大阪人としてはもう少ししっかりしてもらいたい。というわけで、現地SIM調達はいつもスムーズとは限らない!!

ローミング、海外用SIMカード、レンタルWifiを比較してみる

現地でSIMを調達しないとなると、取れる手段は主に「日本で契約している携帯会社の海外ローミング」「海外用SIMをあらかじめ購入」「レンタルWifi」の3つになります。

海外ローミング、レンタルwifi、海外用SIMのコスト比較

値段は 海外ローミング>>レンタルWifi>海外用SIMといった感じです。それぞれ一長一短があるので、単純には比較できない部分もあります。

docomo海外パケホーダイ1980円〜2980円/日
2段階、24MB程度で上限料金へ
LTE回線
海外1dayパケ
(事前申込が必要)
980円~1580円/日
30MB/日
au海外ダブル定額1980円〜2980円/日
2段階、24MB程度で上限料金へ
LTE回線
世界データ定額
(事前申込が必要)
980円
通常の契約容量が上限
softbank海外パケットし放題1980円〜2980円/日
2段階、24MB程度で上限料金へ
LTE回線
レンタルWifijetfiキャンペーン中
350円/日〜(300MB)
通常アジア680円、グローバル980円
LTE回線
日本で買えるSIMThree PAY AS YOU GO1GB/1ヶ月 2000円〜
3GB/3ヶ月 2700円〜
3G回線
AIS SIM2FLY3GB/8日 1400円〜LTE/3G
Mighty SIM500MB/2600円 〜
(30日間有効)
3G
150ヶ国以上

海外ローミング、レンタルwifi、海外用SIMのメリット、デメリット

海外ローミング、レンタルwifi、海外用SIMのメリット、デメリットをそれぞれ上げていきます。

日本で契約している携帯会社の海外ローミングのメリット・デメリット

  • メリット:手続き・準備が簡単、携帯会社のサポートを受けられる
  • デメリット:高い・手続きにミスがあると高額請求が来る場合がある

海外ローミングは私の中ではセレブのためにあるものです。ただ、以前よりお値段が下がったのも事実。いざという時にはお世話になるかもしれません。

海外用SIMをあらかじめ購入

  • メリット:手続き・準備が簡単、最も安い場合が多い、
  • デメリット:現地で使える保証はなく、サポートもない、使い捨てになる、SIMフリー端末が必要

SIMフリーの携帯か、もしくは、SIMフリーのルーターに入れて使います。ルーターに入れれば、グループで通信をシェアすることもできます。 現在日本でお使いの携帯をキャリアショップに持っていけば、有料でSIMロック解除してもらえます。

レンタルwifi

  • メリット:手続き・準備が簡単、SIMフリー端末を用意しなくて良い、短期間の旅行は日割りでお得。グループで使えばかなりお得
  • デメリット:長期旅行の場合は高くつく場合がある

使い捨て型・周遊に便利な複数国で使える海外SIM

Payasyougo three sim

今のところは、私はThree(使用開始前には期限なし)をまとめ買い、AISを必要に応じて買っています。この2つで結構メジャーな渡航先がカヴァーされる感じです。

長期滞在を予定されている方は、海外で現地のSIM契約をする前の「つなぎ」として使用されるのが良いかと思います。

また、中国には香港の会社のSIMを持参すれば、FacebookやTwitterがいつも通り使えます。

どれも買う前に、Amazonの説明を熟読されることをおすすめします。設定とか何もわからないという人は大人しくレンタルWifiにしましょう。

Three PAY AS YOU GO

3G回線なので、動画を見る際などはちょっと遅いけど、大体はストレスなしで使えます。ヨーロッパ、AUS・NZ、香港、米国本土、マカオ等42ヶ国で使用できます。

アジア 14ヶ国使用可能 AIS SIM2FLY

韓国・台湾・シンガポール・AUS・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・ネパールで使用できます。

中国に行くならFacebookやTwitterの使えるSIMを

私も香港・深センに遊びに行った際にお世話になったSIMです。いつもSNSが使えて助かりました。

便利なルーター

ルーターがあれば1枚のSIMで複数のガジェットから接続ができます。

チャージして繰り返し使える海外周遊SIM「Mighty SIM」

Mighty SIMは使い捨て型ではなく、プラン終了日から1年間使用可能です。都度チャージして使います。ThreeやAISのカヴァーしないマニアックな国に行かれる方、維持費はかからないので、1枚持っておかれてはいかがでしょうか?

世界150ケ国で使用可能、Mighty SIM (+モバイルルーター)

海外レンタルWifi

海外用のレンタルwifiはキャンペーン中価格だとjetfiがガチで安いです。料金体系もわかりやすいし、同時に5台まで使用可能。イチオシです。

jetfi

まとめ:日本で買える海外SIMとレンタルWifiが楽だよ

  • 長期滞在には、やはり現地のSIMがベストレートの場合が多いが、1ヶ月以内の短期滞在の場合、現地SIMが安いとは限らない
  • 日本で手配しておけば、現地で最も通信が必要な「到着した瞬間」に通信が可能
  • 現地SIMは事前の情報収集が命だが、調べるのは結構面倒、発行の手続きが面倒な国もある。
  • 携帯3大キャリアの海外ローミングは1日1980円〜とセレブな強気価格
  • レンタルwifiはjetfiのキャンペーン価格が大変リーズナブルでおすすめ。グループ・短期旅行にはレンタル一択
  • SIMカードの扱いに慣れた方にはThree(欧州中心)、AIS(アジア中心)がおすすめ、長期滞在の場合、現地SIM契約までの「つなぎ」にも
  • 香港のSIMを日本で買っておけば、中国本土でTwitter、Facebookもできる

 おすすめ情報

【タダで海外旅行】ANAマイルを搭乗なしで月18,000マイル貯める裏技

その方法とは、ポイントサイト(お小遣いサイト)を使う …

【キャッシュバック有】海外旅行保険付き・年会費無料のクレジットカード

海外旅行に持っていると便利な年会費無料のクレジットカードをご紹介します。

【無料・キャッシュバック付】お得に人気コスメを試す方法

割引、無料、もしくはキャッシュバック付きで人気コスメを …

 - トラベルハック, ヨーロッパ, ライフハック, 旅の持ち物